他社と差別化できるような新しいアイデアを常に求め、考え続け、お客様へ提案しています。

営業部

山中 隆司

2019年入社(中途)

仕事内容を教えて

仕事内容を簡単に説明すると、地域支援(多摩地域の自治体)、ものづくり・マーケティング支援(企業)をメインの業務として行っています。
まず、地域支援ですが、東京都の23区外になる西東京(多摩)エリアの市役所・町役場・観光協会など自治体関連の組織に対して、地域を盛り上げていけるような地域ブランディングや観光プロモーションなどを行っています。具体的には、LINEスタンプのデザインやイベントに関わるツールの作成など多岐にわたります。お客様との日常の事業活動や信頼関係を通じて、それぞれの地域特有の課題を発見し、解決への手助けをしています。
次に、ものづくり・マーケティング支援ですが、こちらは主に企業をターゲットに販売促進の一つのツールとして、3DCGを活用したプロモーションを行っています。
ARやVRはもちろん、ホログラム的表現に特化したものなど、最先端の技術を駆使した内容となっています。具体的には、企業が展示会に出展する際のフックとなるようなツールを提供したり、あるブランドの周年セレブレーションとしてイベント内で活用するなど、ジャンル問わず対応をしています。また企業に限らず、大学のような専門機関が認知度の向上ために活用した例などもあります。
現代は、モノや情報が溢れており、ただ売り出しただけでは売れなかったり、価格の比較や口コミなどを誰でも容易に調べられるようになっています。大々的に広告を打っても人々の目には留まらず、埋もれていってしまいます。そんな時代だからこそ、ネクスメディアでは、これまでとは異なるようなことや面白いこと、他と差別化できるような新しいアイデアを常に求め、考え続け、お客様へ提案しています。

1日のスケジュールを教えて

1番のエピソードを教えて

1番に絞ることが難しいので、入社してから現在に至るまでの約1年半を一括りにして、大きなエピソードとさせていただければと思います。
まず入社してすぐ4月に展示会へ参加しました。説明できる知識が全くなかったので、お客様へ説明できるように頭に情報をねじ込みました。
6月には、美術館に関わる事業として、石川県へプレゼンのため出張をしました。9月には、表参道でのイベントのために深夜に施工を行ったり、レセプションパーティーに参加させてもらったりしました。10月には、ある商業施設への導入を検討するため、中国の深センまで視察のために出張をしました。
ほとんど狙ってできることではありませんでしたが、タイミングや運に恵まれて、かなり中身の濃い貴重な経験をさせてもらえました。そんな怒涛の日々でした。

ニシカワってどんなところ?

私が配属されている部署は、ネクスメディアになりますので、ニシカワで働いている中でもポジションとしてはマイノリティにはなりますが、ニシカワで働いている人は、共通して皆さん人が良いです。中途採用で転職をしてきた身だからこそ、感じる部分でした。
また、西川社長が世の中に沿った新しいことを積極的に取り入れてくださるおかげで、フレックスタイム制やテレワークの実施など、総じて社員にとって働きやすい環境なのは間違いないです。

入社を考えている方へメッセージ

私は、働く上で人間関係や働く環境が大切だと考えています。それを踏まえて、ニシカワは働きやすい環境なので、どんな方でも基本的に問題ないと思います。
あとは、東京都ではありますが都内と違って多摩地域なので、車を使うことが多々あり、運転できると安心です。営業であれば運転せざるを得ないので、運転に慣れたい方は是非。
話が逸れてしまいましたが、ネクスメディアにおいて求められることは、新しいことや専門的な情報収集ができ、様々なものへ興味関心をもち、やったことのないことを前向きに取り組める気持ちがあるかだと考えています。そういったことが好きな人は向いていると思いますし、やりがいもあって働いていることが楽しいと感じられるはずです。

Top Page